我如古地下放送局

沖縄は安里のG-shelter でスタッフやってます。平日リーマン。毎日我如古。

18禁楽譜「GRAYZONE」とパーティーの話

f:id:hainer:20181221134837p:plain

 

久しぶりに自分の用事で東京行きました。

15日は新宿Be-waveでタイポップ案件。新宿Be-waveは日本で一番タイの音楽の価値を発信している場所なので、身が引き締まりつつ、めっちゃ楽しみにしていました。

音出しの段階でkaow maかけたら、すぐに店長さんがブースに飛んできて応援を受けたのでさらにハッピー。東京の友人達も駆けつけてくれて、みんな未知の音楽に体とshazamを駆使して多いに楽しんでくれた様で、やっぱりタイポップすげーなと実感する夜になりました。
来年、いよいよmixを公開できるタイミングもありそうなので、もうちょっと本腰と周辺情報の発信に力と時間を使いたいと思います。come along(come alone?)のみなさまありがとう。

www.youtube.com

 タイポップかかっているときはウワバミ状態になれるんだけど、終わった途端にアルコールの貸付回収が始まってグロッキー状態になり、ぼったくり中華料理屋での打ち上げを早々に退散し、高円寺のパンクハウスに宿泊させていただきました。Sくんとゆっくり話せたのが久しぶりで落ち着いた。寒すぎて今年初めて風呂入んなかったのもこの日。 

そして、次の日には今回の東京滞在の目的である、MOROHA単独公演inZepp TOKYO

確か、ストロークスの初来日以来にZepp TOKYOに来てテンション上がり、事前物販の前にフロア見たら馬鹿でかくて清潔で薄暗い空間が広がっててさらにアガりました。MOROHAのバックドロップのみの装飾も緊張感をたたえている様でほのかに怖いのが良かったです。

本当は、2年前に販売したグレーゾーン(下記、リンク参照)の続編となる18禁楽譜「GRAYZONE」の販売要員として参加したのですが、諸般の事情(法人運営のスペースにはエロすぎる)で当日販売が出来なくなったので、当日はプラカードを作成して予告サイトのQRコードに皆さんも誘導するという役割にジョブチェンジし、事前物販開場前開場後に来場者の皆さんにひたすら「GRAYZONE」の単語をアッピールしていました。

hainagalax.hatenablog.com

 

ゲリラ販売の予定で情報出しもちょっと後になるため、当日はとにかく謝罪と「GRAYZONE」の単語を連呼するだけで、マジ面白いことはわかってるのに一切説明できないというアンビバレンツな精神状態からか「メリークリスマス!メリークリスマス!メリークリスマス!」と叫んでました。

この「GRAYZONE」編集者であるエリザベス宮地にもっと様々な方法でアピールしたい気持ちを伝えた作戦会議の場で「もっと雑誌を目立たせたい!」というべきところをを「俺はもっと目立ちたい!」と言い間違えてしまったせいで宮地に呆れられた景色を忘れないであろう2018年冬。

 

開演した後はおヒマをいただき、「GRAYZONE」の出版元であるNさんとAAAパスを利用して関係者席の一番迷惑かからなそうなところでライブ鑑賞させていただきました。MOROHAすごかったから、みんなライブ行った方がいいと思うので、詳細な記述よりも思ったことを以下に書きます。

ライブハウスで少ない人数でも本当に丁寧に大胆にそしてフレッシュに数人の人の心をつかむことができるなら、2,400人の前でも同じ温度と同じひらめきをぶつけることができるし、モノではないから配れば配るほど増えていくハッピー。

小さくて美しいことはたくさんあるけど、大きくなっても美しいままであり続けられることも不可能ではなくって、折れてしまった分、新しくてぶっとい柱を何度でも何度でも立て続けることで、もっともっと高いところに登っていけるし、高いところから見渡すとさらに景色は広がっていくんだなーって実感を得ました。

装備品も変わらずに面々も変わらずに、たとえでっち上げたような夢でも口からでまかせでもいいから、一個ずつ現実に変えていく。僕らはそんな形。って中学の時から知ってたことをマジ現実に変え続けるしか生き残る道はないという確信も(退屈すると死ぬから)

その形は、今回のZeppTokyoMOROHAのライブだったし、今日(aka.20181221日)いっぱいまで販売している18禁の楽譜「GRAY ZONE」だったりするし、あるいは先週末の新宿Be-waveでプレイしたタイポップセットだったりします。

 

storywriter2.thebase.in

 

待ってたって何も起きないし、急にエロい女子高生が襲ってきたり(「GRAY ZONE」本編参照)もしないし、急にタイ語がわかるようにもならないから、原稿の一つ一つや仕事の一つ一つに対してひらめきをきっちりとインストールし続けないと、世界はどんどん狭くなるし、黙っているうちに海は埋め立てられてしまうし・・・

 

冗談やカマしや虚勢でもいいから、一個づつ現実に落とし込んでいって、できればみんなが笑えるやつとか見たことないやつがいいなー。今回の「GRAY ZONE」を形にして、楽屋中の笑いと、近日中に手に取った人をぶん殴る様な重みで笑かせるエリザベス宮地とUKは本当に本当に尊敬しています。

MOROHAの曲中にもありますが、居酒屋で共有してなんとなく寂しさを埋めるのもたまらなく愛しいものの、できることならヒラメキと爆笑が溢れる現場で乾杯してから、フロアででたらめに踊ることに執着したくって、ここ10年くらいはずっと私は、酒を肴に興奮や熱狂を呑み続けています。

これから数日の年末、酒飲む機会が増えるんですが、打ち上げよりも現場の回数重ねて乾杯のサステインを長くながーく保ちたいと思います2018年冬。 

最後に、先ほどから紹介している「GRAY ZONE」は2018/12/21 13:31現在でまだ在庫あるので、今のうちにチェック(買う買わないに関わらず、存在と概要を確認すること)しておいてくださーい!

 

それではまた!メリークリスマス!!

 

 

grayzone.tokyo

 

 

 

 

PS

ブログ記事なかなか書けないけど、東京であったけどあんま話せなかった友人や、今回会えなかった友人や、沖縄でもなかなか会えない友人や、沖縄でよく会う先輩へのメールだと思うとスラスラいくっすねー。これでいいのかも。